清算に関する問題は専門家にお任せ|法人でも安心の展開へ

女性

手助けしてもらう

木槌

何らかの事件に関わってしまった時、自分の意見を主張しないと更に悪い展開に事が運んでしまうかもしれません。助けてくれる大きな存在として、弁護士が挙げられるでしょう。

読んでみよう

保険の重要性

女性

まさかの時に役立つ弁護士費用特約

言うまでもなく、保険は予期せぬ事態、まさかの時に役立つものです。ですから、保険に加入していれば、絶対とは言えませんが、ある程度の安心感を得ることができます。 交通事故を起こすつもりで、自動車を運転する人はいないことでしょう。しかし、自動車を運転している限り、交通事故を起こしてしまう可能性はゼロにはならないのです。ですから、多くの人が、法人による手厚い補償が可能な任意保険に加入しています。そうすることで、運転手は安心感を得ています。 任意保険には様々な特約がありますが、その中の1つに弁護士費用特約というものがあります。弁護士費用特約は、交通事故のことで弁護士に仕事を依頼する際の費用を、保険会社が支払ってくれるという特約です。普段、弁護士に馴染みがある生活を送っている人は少ないことでしょう。しかし、まさかの時のためにある保険ですから、弁護士費用特約は付けておいた方が良いでしょう。弁護士は、交通事故の際に非常に役に立つ場合があります。そして、清算問題に関しては税理士が強いと言えるでしょう。

もらい事故の示談交渉は保険会社は代行不可能

任意保険に加入していれば、保険会社が交通事故の相手との示談交渉を自分に代わって行ってくれます。しかし、自分に一切の過失がない、いわゆる、もらい事故の場合は、保険会社は示談の代行ができないことになっています。 自分に過失がないのだから、自ら示談交渉を行っても問題ないと考えるのは大きな間違いです。相手が任意保険に加入しているのならば、交渉相手は保険会社となります。素人がプロに太刀打ちすることは困難ですから、満足できる賠償が得られないことが往々にしてあります。 最悪なのは、相手が任意保険に加入していない場合です。相手が示談交渉に応じず、その結果、何も賠償してもらえないこともあります。 もらい事故の示談代行は保険会社はできなくても弁護士ならばできますから、弁護士に示談代行を依頼することが賢明な判断です。しかし、弁護士に依頼すれば、当然、費用がかかってしまいます。そんな時、弁護士費用特約が役に立つのです。

権利を保護する

電卓

国選弁護人という存在は重要であり、身内が絡んだ刑事事件などで耳にする機会があるかもしれません。被告人にも権利があるため、それを保護する存在となってくれるでしょう。

読んでみよう

国籍が鍵となる

相談

相続関連の問題が発生した時、専門家の手続きが必要となる場合もあるので必ず確認しましょう。国籍が日本でない場合、プロにお願いする必要性が出てくるでしょう。渉外登記として知られています。

読んでみよう