清算に関する問題は専門家にお任せ|法人でも安心の展開へ

相談

手助けしてもらう

木槌

どんな場面でも頼りになる

罪を犯せば償わなくてはならないのは当然ですが、何も主張せずに流れに任せたままにしておくと、あらゆる点で不利になっていくことがあります。もちろん量刑もそうですし、社会的信用や金銭の面でも失うものが大きくなっていきます。 逮捕されたときは気が動転して、まともに頭が巡らなくなり、自分の主張も思うように言えなくなることがあります。そんなとき弁護士が手助けしてくれるのです。 逮捕を始点として収監を終点とするならば、弁護士はその過程の中で依頼者に有利になるよう働いてくれます。たとえば保釈であったり、不起訴を目指したり、留置場にいる間に被害者と示談交渉してもらったり、はたまた量刑を少しでも軽減させたりなど、あらゆる場面で奔走してくれるのです。

弁護士を選ぶにあたって

ただ、多くの人は身近に懇意の弁護士というものがいないかと思います。いざ刑事事件の被疑者などになって弁護士を探そうとしても、結局はいわゆる当番弁護士に頼ることになったりします。ですから普段から弁護士事務所、特に大手の弁護士事務所の電話番号はチェックしておくと良いでしょう。というのも、所属数の多いところはそれだけ身軽に動きやすく、昼夜を問わず駆けつけてくれることがあるからです。 もちろん費用はかかりますが、刑事事件は迅速に対応することで逸失するものが少なくなります。刑事事件の場合は示談で解決されることも多く、また示談を済ませておくと不起訴になったり、量刑が減ることもあるからです。 刑事事件に強い弁護士もいるので、その点も考慮して選ぶことをおすすめします。